強みに基づく職場

業績評価からの脱却

強みに基づく職場を創ることは、チーム内に変革をもたらし、高パフォーマンスな組織文化を生み出します。

コーチングによる人材育成中心の文化をつくる

グローバルトップ2000社のCEOやCHROは、時代遅れの能力評価制度を切り換える決断をしています。マネージャーにランキング制や年一回の人事評価を実施する代わりに、将来を見据えるリーダーたちは、ミレニアルと呼ばれる新世代のニーズを含む新たな職場のニーズに応えるべく、強みに基づく職場づくりへの変革に方針転換し始めています。

世界中の経営に優れた企業は、社員にクリフトン・ストレングスによるアセスメントを受検させ、強みに基づいた企業文化を築いています。"強みの心理学"の父であるドナルド・クリフトンが開発したクリフトン・ストレングスは、コーチングによる人材育成中心の企業文化を生み出すために必要な、本質的なコーチングと日々の会話のための礎となるものです。

強みに基づいた組織文化では、社員は毎日自分の得意なことをする機会があります。成長は、短所ではなく長所から始まります。結果として、社員は職場に来ることを楽しみにし、より多くのことを達成しようとし、より長く働き続けようとします。企業は弱みよりも強みを重視することで非常にエンゲージされていない従業員の数を減らすことができます。部下の強みにのみ注力するマネジャーは非常にエンゲージされていない部下の数を1%にまで減らすことができます。。

ギャラップは50 年 以上も強みの科学を探求しています。

graphic element

強みに基づいて育成された社員は、エンゲージメント率が 23% も増加することがわかっています。

強みに基づいて育成されたチームは、利益率が29% も増加することがわかっています。

データによって検証された戦略のもとで、強みに基づく組織文化を創り出しましょう。

職場の文化を変える

強みに基づく企業文化にご関心のある方やお問い合わせは下記のフォームにご記入下さい。

  

下記の「送信」ボタンをクリックすると、あなたの情報を米国のサーバーに送り、保存することに同意したとみなします。